メンズ脱毛して爽やか男子に!

男子でも脱毛して美しくなりたい!頑張る私のブログです。

あの日の俺はすね毛を剃ってみた、左足だけ

time 2017/05/10

俺は男。今40歳。これは大学生の頃の話だ。
当時、木造賃貸に部屋を借りてひとり暮らしをしていた俺。
ある昼間に風呂に入った。大学生ならではの入浴時間だと今では思う。そうでもないか。
狭い風呂なので足を伸ばすにはバスタブから出して持ち上げ、壁にかかとをつくしかなかった。
足はやや寒いが腰まで湯につかって温かいので、そうした。
するとどうだい。
ずいぶんすね毛で埋もれた両足が俺を見下ろしてくるじゃないか。
両すね、というのか。
すねというか太ももまで毛がびっしりじゃないか。
しかも片方だけ円形脱毛か?なんか毛のないミステリーサークルのような部分があるじゃないか。
生えるなら生えるで一面に生えればいいじゃないか。
なんでぽっかり穴がある!?
いっそのこと毛がないほうがすっきりするんじゃないだろうか。と俺は思った。
円形脱毛のすねよりも、毛のないすねのほうが有意義な毎日を送れるのではないか。
その日はそう思うだけで終わった。
後日、着替えをしたとき、すね毛の円形脱毛をみたとき決心した。
よし、すね毛を剃ろう!
その場限りの勢いではなく、後日の冷静な目で見てから決心したのだ。
この毛はなくていい毛のはずだ。
なぜなら「すね毛があってよかったね」という経験が何もなかったからだ。
しかし大学生の俺。かなりの小心者だったゆえ、とりあえず左足だけ剃ることにした。
午前の弱い光が差し込む、狭い木造賃貸の風呂場で両足のジャージをまくりあげる俺。
左足だけ剃るのだが、水がかかったりして濡れると判断し、両足のジャージをまくる俺。
髭剃りを軽くあて、足先から体幹に向かって剃りあげる俺。
おお、剃れる。毛がどんどんなくなっていく!つるつるになっていく!
作業は十数分で終了した。
左足だけ美人になった俺。右足はひげ親父だ。
当日風呂に入って愕然とした。
毛がないと水が触れたことに対してかなり鈍感になる!
毛が敏感なセンサーのような役割をしていたのか!
俺の左足がジュンサイのようにあたたかな水分の膜に覆われている!
この体験はかなりびっくりなので一度やってみて損はないと確信している。
そしてその後、すぐに慣れたが。
つるつるのすねは数日で毛がちょぼちょぼ生え、無精すねとなり、半年くらいで立派なひげ親父にもどったのだった。
しかし今でも夏場に短いズボンを履くと思うのだ。
すね毛も、もも毛もなくていいよな、脱毛しちゃったほうが見ててむさくるしくなくていいよな、と。

down

コメントする




脱毛クリーム